見出し画像

「1通の手紙 」 伊良コーラ物語 第4話 IYOSHI COLA STORY

コーラ小林

ポパイ

世界初のクラフトコーラ専門メーカー/専門店「伊良コーラ」として初めて青山ファーマーズマーケットに出店してから2ヶ月が経った、まだまだ夏の暑さが残る2018年9月半ば。

コーラ小林のもとへ一本の電話がかかってきた。

「マガジンバウスのポパイ編集部です。クラフトコーラを作っているという手紙を頂いたのですが、軽くお話できませんか?」

時を少し遡ること、9月の頭、コーラ小林はポパイ編集部に伊良コーラのことを紹介した手紙を出していた。

ポパイ編集部の方がその手紙を読み、直接電話をくれたのだ。

ポパイとは、日本のカルチャーを牽引する雑誌であり、
我々世代にとって、ポパイに出るということは伝説に近いものがあった。

コーラ小林の一言メモ

そんなポパイの編集部の方から電話をいただいたものだから、すぐにスケジュールを調整し、東銀座にあるマガジンバウス本社へ向かった。

トイレで持参したいつもの水兵の衣装に着替え、待ち合わせの階へ向かう。

担当の角田さんと挨拶をし、どういう経緯で送った手紙に返事をしてくれたのかを聞いた。

それは驚くべきことだった。

経緯はこうだ。

私が書いた手紙は、まずはデスクのアシスタントの方が開封した。

その後に、アシスタントの方はクッキーやお茶が置いてあるような、ちょっとした休憩スペースのテーブルに、手紙をポンと置き忘れてしまったらしい。

さらにその後、休憩をしようと角田さんはそのスペースにやってきた。
すると、目の前に「世界初クラフトコーラ専門店伊良コーラ」という文字が飛び込んで来たとのこと。

そして、たまたまそのタイミングにて、POPEYEの翌月号(12月号)の企画テーマが「クラフツマンシップ」に決まっていたため、角田さんは伊良コーラにコンタクトをとってみたのだ。

早速、角田さんに持参した伊良コーラを飲んでもらった。
並行して、今までの経緯を説明した。

すると、なんと「取材させて下さい。」との言葉をいただく。
あのポパイに掲載してもらえるなんて夢のようだ。

その後、軽くスケジュールの打ち合わせをして、ポパイ12月号に掲載いただくこととなった。

POPEYE 2018年12月号より


サラメシ

POPEYEに掲載されるなど、雑誌やWEBメディアに取り上げていただいたり、ラジオ番組に呼んでいただり、コーラ小林は忙しくしていた。

12月の初めのある日。
本業である広告代理店の仕事でCM撮影のため、コーラ小林は原宿のハンバーガー屋さんでのロケの準備をしていた。

突然、電話がかかってくる。

見知らぬ男性の声で
「森田と申します。ポパイを読みました。取材させてくれませんか?」
とのこと。

怪しいな。と思い、
「なんの取材ですか?」
と聞いた。

すると、
「NHKのサラメシという番組です。」
とのこと。

NHK?ん?NHK!?なんとNHKの番組から取材依頼が来たのだ。

電話を切った後は気が気ではなかった。

翌日以降、メールで改めてやり取りをする。

改めて事情を聞くと、担当の森田さんがたまたまPOPEYEを読んでいて、私のことに非常に興味を持った、とのことだった。

スケジュールについて聞くと、ある程度の期間取材いただき、放映は来年の春頃になりそうとのこと。

ダメ元で出した1通の手紙がこんな形で繋がっていくなんて思いもしなかった。

嵐を読んだサラメシの放映はまたのち話。

次話、コーラ小林の人生が大きく動き出す。

続く。

この記事が参加している募集

夏の思い出

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
コーラ小林
株式会社GRAND GIFT代表取締役。世界初のクラフトコーラメーカー「伊良コーラ IYOSHI COLA」代表/クリエイティブディレクター 。世界でただ一人のコーラ職人。クラフトコーラ発祥人。