マガジンのカバー画像

コーラ職人コーラ小林の「日本を、飲む。」

5
運営しているクリエイター

記事一覧

コーラ職人コーラ小林の「日本を、飲む。」「山形・高畠の洋梨。百年の古木。」

コーラ職人コーラ小林の「日本を、飲む。」「山形・高畠の洋梨。百年の古木。」

洋梨の話をいただいた時、実は最初はそこまで興味が湧いていなかった。

話をいただいた経緯としては以下の通り。

「DEAN & DELUCA」さん(「伊良コーラ」を取り扱っていただいているお店)に、「日本を、飲む。」の話をさせていた際、「DEAN & DELUCA」さんオリジナルのジャムに使っている洋梨の生産者さん「三鷹洋梨園さん」をご紹介いただいた、というものだ。
※「DEAN & DELUCA

もっとみる
柿木村の山茶。コーラ小林の日本を、飲む。

柿木村の山茶。コーラ小林の日本を、飲む。

山茶。

聞いたことがあるだろうか?

山茶とは日本の山野に自生する野生のお茶のこと。

かれこれ10年ほど前であろうか?いつかの機内誌で見た山茶の記事。その時から頭の奥底には山茶に対する興味が存在していた。

そして10年後、私がコーラ作りを始め、そして「日本を飲む。」の企画を始め、その記憶と興味が再び湧き上がってきた。

今年の5月、知り合いの東京・三筋にあるお茶屋さん「norm tea ho

もっとみる
コーラ小林の「日本を、飲む。」 季節外れの桜

コーラ小林の「日本を、飲む。」 季節外れの桜

サクラケムシを知っているだろうか?正式名称「モンクロシャチホコ」。

桜の葉っぱのみを選択的に摂食することから、その虫のフンは桜の香りがする。
昆虫食会ではサクラケムシのフンをお茶にして桜の香りを楽しむ、というのが定番になりつつあるそうで、今から3年前の2019年に昆虫食の第一人者ANTCICADAの篠原さんに教えていただいた。

ずっとサクラケムシのコーラを作りたいと思っていたが、サクラケムシに

もっとみる
コーラ職人コーラ小林の「日本を、飲む。」  「山梨塩山の自然落下桃」

コーラ職人コーラ小林の「日本を、飲む。」 「山梨塩山の自然落下桃」

2022年4月、伊良コーラ総本店の目の前の桜並木の桜に新芽が吹いてきた頃、コーラ職人コーラ小林の元に、1通のメールが届いた。

伊良コーラ 御中 突然のメール失礼します。

私は山梨県甲州市でもも、ぶどうの生産農家をやっています。
(元はサラリーマンで独立就農して3年目です)

質問があります
もも、ぶどうを原料にしてコーラのフレーバーは出来ますか、委託製造、御社で原料として
使用できますか。

もっとみる
「甘橘山の物語」 コーラ職人コーラ小林の「日本を、飲む。」

「甘橘山の物語」 コーラ職人コーラ小林の「日本を、飲む。」

2022年4月28日、コーラ小林は小田原の江之浦測候所にいた。江之浦測候所とは現代美術作家の杉本博司が創った壮大なランドスケープ(庭園、屋外美術館)だ。

コーラ小林はコーラ作りのヒントを得ようと、日々の製造の合間を縫ってやってきたのだ。

江ノ浦測候所を歩き周り、構内の竹林を抜けるとそこには柑橘畑が広がっていた。おそらく年代物だろう古いトロッコもなぜか不思議とまだ現役で使われているかのような佇ま

もっとみる